キャビテーションと二の腕の脂肪に対する効果

 

キャビテーションと二の腕の脂肪に対する効果痩身エステのメリットのひとつに、部分痩せが難しい部位もしっかりと細く出来る事があります。
個人で行うダイエットの場合、お腹や胸等、痩せやすい部位から痩せていき、痩せにくい部位は全く細くならないまま終わってしまうという事は少なくありません。
この場合、体重が落ちてウエストのサイズが小さくなったとしても、全体的なバランスを考えた場合、スタイルが良いとはいえない状態になってしまいます。
部分痩せが難しい部位を細くしたいと考えたら、まずそこに筋肉をつけ、有酸素運動をしていく事が有効です。
ただ、時間がかかる上、大変と感じてしまう人は少なくありません。
エステサロンの場合、そんなダイエットだけでは難しい部分痩せも手軽に行う事が出来ます。
部分痩せを実現する為の方法は、サロンによって様々ですが、現在人気となっているのが、超音波によって体内に気泡を発生させ、圧力差でその気泡を大きくし、気泡が弾ける時の衝撃で、周辺の脂肪細胞を壊し、乳化させていくキャビテーションの施術です。
乳化をした状態になれば、リンパマッサージでリンパ節へと流し込んでいく事が出来ます。
ですから、ダイエットでは難しい部分痩せも手軽に行えるようになっています。
この施術は、ダイエットで引き締める事が難しい二の腕に対しても効果があると人気になっています。
ダイエットで体重が減ったのに、腕は太いまま残ってしまったという経験をした事がある人も多いでしょう。
その場合、せっかく痩せたのに、半袖やノースリーブを着る事に抵抗を感じる状態が続いてしまう事になります。
エステサロンに行ってキャビテーションの施術を受ければ、そんなダイエットだけでは細くなりにくい二の腕もしっかりと引き締めていく事が出来ます。
更に、この施術は、体に脂肪を溜め込む脂肪細胞を破壊していく為、施術完了後は脂肪を溜め込みにくい状態となり、リバウンドしにくいという特徴もあります。
ただ、注意をしておかなければいけないのが、一気に細くなるという訳ではないという事です。

高い効果を期待出来ると人気の施術ですが、6回から10回の施術が1クールとなっている事が一般的です。
施術は週に1回程度のペースで行っていく為、1クールが完了する為には1ヶ月半から2ヶ月程度の期間が必要となります。
1クールが完了して、まだ脂肪が気になるという場合は、続けて施術を受けていく事になる為、理想の細さになる為には少し時間がかかる事になります。